少年野球チームでの運営上の問題(トラブル)を紹介します。 私(父親)の子どもは中学生になって硬式少年野球チームに入りました。 そこでは指導者、父兄、子どもたちの間でいろんな問題が発生しました。 それらの問題を紹介しますので参考にしていただいたら幸いです。

親がすごく大変です!!

中学校の野球部と違って両親がいろんなお手伝いをします。

お母さんは、練習のときはお茶の準備、グラウンドのトイレや部室の掃除までやります。
試合のときは弁当の手配からお茶、スポーツドリンクの準備、おそろいのTシャツを着て応援。
ウグイスやスコアラー、審判へのお茶だしもやります。

お父さんは、練習のときは指導者の手伝いとグラウンド整備(車でタイヤを引っ張ってグラウンドをならします。)をやります。
試合のときは審判、グラウンド整備、スコアラーまでやります。

売れ筋の審判用品

中学校の野球部を見に行くと部室の掃除は当然のことでお茶は各自が持ってくる。
試合のときもグラウンド整備に親が出て行くことなんてないし、審判へのお茶だしも子どもたちがやっています。
審判も全日本軟式野球連盟の方々がやってくれるので親が出て行くことはありません。
どう見ても教育としては中学校の野球部の方が上です。(学校なんだから当然といえば当然か。)
そういう話をチーム内でしてみても、結局は今までの父兄がそうやってきたとか他のチームもやっているとかいう理由でどうしても変えられないのが現状です。

とはいっても野球をやる環境は野球部よりはるかに良いです。
すばらしい経歴を持った監督がいて専用グラウンドが2面もあり、1面は2,3年生が使いもう一面は1年生が使うなど子どもたちは何不自由なく練習ができます。

売れ筋の野球設備用品

中学校の野球部ではサッカーと交代で運動場を使っているためかなり制限されます。
とても一年生の練習なんてできません。
まあ、親は大変ではあり、躾面には不満が残るが子どもは喜んでやっているのでよかったかなと思っています。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

少年野球チームの問題点(トラブル)紹介 (中学生編):携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://littleleague2.fromthree.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。